意外と簡単!ブレーキワイヤーの交換

意外と簡単!ブレーキワイヤーの交換

意外と簡単!ブレーキワイヤーの交換

ワイヤーは、ブレーキの動きが重くなったら交換の時期です。

そのまま乗っていると、ある時突然、ワイヤーが切れてブレーキが効かなくなる可能性もあり、とても危険です。

ワイヤーは、自転車のパーツを扱う店で売っています。

チューブ状になった「アウターワイヤー」と、中に通す「インナーワイヤー」があり、交換は両方同時に行うのがおすすめです。

種類がいくつかあるので、自分の自転車に合ったタイプのものを購入してください。

ワイヤーを切る時に使う専用のカッターも必要です。

最初にブレーキを解除して、ワイヤーを固定してあるネジを緩めます。

ブレーキレバーとワイヤーがつながっている部分にはいくつかの溝があるので、ネジを緩めて溝の位置が一直線になるようにしてください。

これでワイヤーが外れます。

古いワイヤーの長さを参考に新しいワイヤーの長さを決め、カットします。

滑りをよくするためのグリスをつけたワイヤーを再び取り付ければ完成です。

慣れれば30分くらいでできますよ。

パーツ交換で大切なのは、古いものを外す時に取りつけの方向や順序をよく見ておくこと。

そうしないと、「最後に部品が1つ余った!」といった事態になりかねません。

あらかじめ写真を撮っておくと便利ですよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional