自転車、荷物はどうやって運ぶ?

自転車、荷物はどうやって運ぶ?

自転車、荷物はどうやって運ぶ?

カバンの選び方によっても、自転車生活の快適さは大きく変わってきます。

自転車専用のカバンとしては、リュックサックと肩掛けタイプがあります。

自転車専用に作られたリュックは、ヘルメットが背中の部分に収納できるようになっているのが特徴。

背中との間にすき間ができるように工夫されていて、ムレを防ぎます。

肩掛けバッグは、メッセンジャーバッグと呼ばれています。

普通の肩掛けカバンと違い、走行中にずれないように固定するベルトがついています。

リュックは荷物の出し入れが少々不便ですが、こちらは簡単に中身を出すことができます。

車体の軽さや見た目より、実用性を重視する人には、荷台やカゴを取り付けるのがおすすめ。

日常の使用では、気軽に荷物の放り込める場所があるほうが便利です。

荷台は、泥除けを取り付けるネジ穴を使って設置するタイプと、シートを支える部分につけるタイプがあります。

前者では、荷台を設置すると泥除けを付けることができませんが、荷台が泥除けの代わりもするので、意外と気になりません。

耐荷重量が大きいのもメリットです。

また、荷台の左右にバッグをかけることができるタイプもあります。

カゴは、通常のプラスチック製のほか、布や藤カゴ風のものなどおしゃれなデザインもありますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional