自転車の寒さ対策

自転車の寒さ対策

自転車の寒さ対策

寒い日の自転車では、手を守ることが最も重要です。

手がかじかんでしまうと、ブレーキ操作にも影響するからです。

手袋は、保温性の高い自転車用グローブがベストでしょう。

鍵の開閉など、手袋をしたままでは不便な時もありますよね。

でも、わずかな時間でも手袋を外すのは寒い。

そういう時には裏ワザがあります。

伸縮性のある指先カットの手袋を下にはめてから、いつもの手袋をするのです。

そうすれば、外側の手袋をはずして細かい作業ができます。

ちょっと買い物をしたい時にも便利ですよ。

足元も、手と並んで重要です。

厚手の靴下をはき、防寒仕様の靴を選ぶようにしましょう。

手首と足首に巻くタイプの使い捨てカイロも、効果が大きくておすすめです。

注意したいのが、厚着をし過ぎること。

手足はしっかり防寒が必要ですが、その他の衣類は少し薄着を心がけます。

そうしないと、走っているうちに暑くなってしまうからです。

汗をかいてそれが冷えると、風邪の原因になってしまいます。

自転車で寒いのは、最初の5分だけ。

マフラーなどを活用して、最初を乗り切れば、後は気持ちよく体が温まってきますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional