自転車チェーンも手入れしよう

自転車チェーンも手入れしよう

自転車チェーンも手入れしよう

サビたチェーンは走りづらく、見栄えも悪いですよね。

サビ取り剤やオイルでこまめに手入れをしましょう。

チェーンのサビを取るには、ディグリーザーという溶剤を使います。

ディグリーザーをしみ込ませた布でチェーンを挟み、ペダルを回せば簡単にきれいになりますよ。

本格的にきれいにしたい時は、いったんチェーンを外して溶剤につけて洗浄します。

オイルにはスプレー式のドライタイプと、粘性の強いウエットタイプがありますが、ドライが手軽で便利です。

そして、ゆるみが出てきた時には交換を行いましょう。

チェーンは意外と安く、1000円程度で買うことができます。

ギアの枚数によって使用するチェーンが変わるので、自分のタイプをあらかじめ確認しておきます。

交換には「チェーンカッター」という専用工具が必要で、こちらは少々高価。

たまにしか使わないものなので、仲間同士で貸し借りをしながら活用できたらいいですね。

最初にチェーンをギアから外します。

チェーン同士をつないでいるピンを、チェーンカッターを使って押し出すとチェーンを切ることができます。

新しいチェーンを、古いチェーンと同じ長さにカットして取り付ければ完成。

チェーンが新しいと、走り心地が違いますよ!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional