自転車乗りのトラブル対策

自転車乗りのトラブル対策

自転車乗りのトラブル対策

自転車に乗っていると、「不測の事態」が発生することがあります。

たとえば、突然のパンク。

修理キットを持っていても、直している時間がない場合もあります。

そのような時は、チューブごと変えてしまうのが早くて簡単です。

パンクしたチューブは家に帰ってから、ゆっくり直せばいいのです。

そのため予備のチューブを一本、自転車に積んでおくと安心です。

パンクなら自分で直すこともできますが、時にはもっと深刻なトラブルが起こることもあります。

そのような時に備えて、自分が使うルートの自転車屋さんをチェックしておくと安心です。

預かりが必要な場合には、代車を貸してもらえるお店もあります。

故障した自転車を駐輪場に置いて、電車やバスで移動するケースも考えられます。

その場合に、どのようなルートを使うかも考えておくと、イザという時にあせらずに済みます。

方向音痴の人は、地図も必須です。

自動車用の道路地図なら、なるべく細かいものを用意してください。

オートバイ向けに作られたツーリングマップも活用できるかもしれません。

前かごに入れたままにする場合は、ビニールケースなどに入れると雨対策になります。

あらゆる状況をシュミレーションしておけば、安心して自転車生活を送ることができますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional