雨の日の自転車ライフ

雨の日の自転車ライフ

雨の日の自転車ライフ

自転車通勤で一番困るのは、雨の日ではないでしょうか。

雨の日の自転車では、「完全防備」をしましょう。

ロードバイクのような、タイヤが細く溝のないタイプの自転車は、雨の日の走行はNGです。

速く走るために、地面との抵抗が少なくなるように作られた自転車ですから、雨の日に乗ればすぐにスリップしてしまいます。

レインウェアには、ワンピースタイプや、上下に分かれたもの、ポンチョなどがあります。

ワンピースタイプは、安く手に入って脱ぎ着も簡単ですが、ひざの部分が濡れてしまいます。

ポンチョは、テルテル坊主のように、上からすっぽり被るスタイル。

リュックの上からでも着ることができます。

また、自転車専用ポンチョという、前かごからハンドルにかけての部分をカバーすることができるものもあります。

動きやすさの点で最もおすすめなのは、上着とズボンに分かれているタイプです。

着るのは少し面倒ですが、普段より走りづらい雨の日、安全を優先したいですね。

このタイプは足先までしっかりガードできるので、車の水はねを防ぐこともできます。

レインウェアの価格は、ピンからキリまでさまざまです。

100円ショップなどの極端に安いものはすぐに破けてしまうので、あくまでも緊急用と考えてください。

1500円程度のものを買えば、長く使えますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional